便利なシート

マグネットシートのこれまで

マグネットシートは磁石の力で貼り付けたり、剥がすことが比較的簡単にできるシート状のものです。磁石自体の歴史は古代にまでさかのぼります。しかし、古代から研究されてきた磁石とは、見えない力で引き合ったり、反発したりする点と、方位磁石としての点でした。マグネットは堅いものだとされてきたのです。マグネットシートは高度成長期の日本で創り出されました。それは、磁石の簡単に貼ったり剥がせたりする点とシートのもつ簡単にカッティングできて印刷できる点という2つの長所を合わせ持ったものでした。マグネットシートは黒板やホワイトボードに張り付けることで、学校や職場で大活躍しました。また、車のドアにマグネットシートを貼って、広告宣伝の役割を果たしています。マグネットシートは長い間家庭用プリンターで印刷できなかったので、油性ペンで書き込んだり、印刷したシールを貼りつけて使われてきました。しかし、最近は非常に薄い家庭用プリンターで印刷できるものが市販されてきています。

印刷できるシートの普及と今後の動向

マグネットシートが家庭用プリンターで印刷できるようになったことは、可能性を広げることになります。まず、家庭での用途が増えることが予想できます。冷蔵庫のドアに張り付けて、予定を忘れないようにしたり、家族への伝言に使うことがより簡単になります。家庭用プリンターで印刷できるので、家族やペットの写真を印刷して使うことも可能です。このことにより、ちょっとしたプレゼントや誕生日などの記念日にマグネットシートを印刷して、オリジナルのものを作成する機会も増えるので、マグネットシートだけでなく、プリンターの売り上げにも反映されることが予想されます。このようにすそ野が広がることで、家庭用プリンターより耐久性のあるものやデザイン性の高いマグネットシートを求める人のために、印刷業者に頼むことも増える動向にあると言えます。