作成と表現方法

個性を表現する名刺作成

名刺作成するにあたり気をつけないといけないこと。それは受け取る側に見やすい、伝わりやすい名刺にすることが前提です。何でも良い、文字があれば良いと言われる方もいます。そういう方の名刺は真っ先に捨てられます。DTP、パソコンでのデザインが出来ない時代はフォーマットが限られていて選択の自由が少なかったですが、DTPや印刷業界、ネット通販が普及したので現在は様々な表現方法が可能となっております。名刺は自分の顔と言われる程、重要なものと考えられます。ロゴや写真を入れたりホームページへの誘導などさまざまな販促活動のきっかけ作りが出来るツールです。メールなど電子ツールの普及もありますが紙の名刺は無くなりません。いろんな個性ある名刺作成が簡単に出来る時代はしあわせです。

名刺表現の今後、変化について

昨今、どんどんデジタル化されていきますが名刺作成する手段やバリエーション、作業方法は変わってもチラシや新聞、雑誌などと同様に名刺という紙のツールは無くなることは無いと言えます。例外としてプラスチックの名刺や木の名刺など素材の違うものもありますが生産は圧倒的に紙です。デジタル、電子化されたものをうまく名刺に取り入れ表現していければ名刺という小さい紙がとても大きな役割を果たします。例えば、QRコードを入れた名刺作成をすれば携帯でかざすだけでホームページへの誘導が安易になります。個人(自分)、企業(会社)それぞれ自分を表現、アピールする連携、伝達ツールとして利用するのも1つの方法です。盛り込む内容はまだまだ変化していく傾向にあり今後が楽しみです。